令和3年度 芸術鑑賞会開催校募集のご案内

子供たちの反応が違う! 国内トップクラスの実演家が学校にやって来る。
素晴らしい鑑賞プログラムとの出会い、「感動」のパワーで子どもたちが変わります

下記に対応しています
1)子どもゆめ基金や令和3年度文化芸術による子供育成総合事業・芸術家の派遣事業
等を活用して無料で開催するタイプ【学校公募型】
2)児童生徒から鑑賞費を集めるたりPTAなどの予算により開催するタイプ

それではどんなコンサートか見てみましょう
芸術家の派遣事業


0歳からの・はじめてのオーケストラ も大好評
昨年度合わせて年間240公演を上演の人気プログラムです

サロンオーケストラ・伝統芸能(和楽器MIX)・ダンス&音楽 の各タイプから選べます
コロナ完全対応・できるだけ少人数で楽しむことが出来ます
複数回開催が可能です (最大1校で15回に分けて公演の実績あり)
1校で最小90分、最大3日間、450分まで開催出来ます
時間割に合わせ無駄無く開催出来ます(45分〜50分,60分で上演)
コロナの感染状況等に応じてオンライン開催に変更も可能です
どんな小規模校・僻地校でも1校ずつ学校で開催出来ます
近隣の幼稚園保育園・保護者等も一緒に鑑賞OK

開催のパターンについて
コンサート、楽器体験、ソロ鑑賞の組み合わせで開催します
コンサートは合奏を中心としたプログラムです
「楽器体験」はコロナ対策の問題があれば「ソロ演奏鑑賞・楽器のお話」に変更可能
です。これは前日まで変更可能です
基本的に1日に2校での開催となります。(学校のご紹介があるととてもスムーズです)

その他のパターンでの開催もご相談ください

無料での開催は「芸術家の派遣事業」を活用して上演します
文化庁・芸術家の派遣事業・学校公募型とは文化庁予算により、学校が自由に希望する演目を学校や児童の金銭負担無く上演出来る文化体験事業です。
面倒な書類作成もサポートします。お申込でほぼ開催決定の過去実績
申請手順 当方書類サポート→学校→管轄の教育委員会→文化庁(近畿日本ツーリスト)

まもなく来年度分の芸術鑑賞会の申込み期間が終了
文化庁・芸術家の派遣事業は学校から担当教委(自治体により市町村・県)に申請書を提出します。都道府県から文化庁(事務受託している近畿日本ツーリスト)への提出期間は8月5日〜9月30日となっておりますが、各教育委員会が独自の締め切り(学校からの申請)を設定しております。速いところは8月末というところもありますので、担当教育委員会からの「公文」をご確認いただき、締め切りや提出先情報をお知らせください。

私どもでご提供するのは下記の演目となります
A.サロンオーケストラによるコンサート+楽器体験
B.篠笛・能管・尺八演奏等伝統芸能による和洋の演奏を体験
C.ダンス と音楽によるプログラム(あのテーマパークのダンサーが参加 ! )

近隣の他校をお誘いいただけるとよりスムーズに進みます。
隣や近隣にある小学校・中学校・高校、どなたかが前に勤務していた学校など、
車で40分位までの距離だとカバーできます。下記をご案内ください
このページの短縮アドレス https://wp.me/p84ZEn-QJ 閲覧パスワード 56TRE34
申し込みフォームのアドレス https://forms.gle/XYdQXU9PcHzL2L3E9
この日に開催出来ます 開催対応可能日程表

株)アンフィニ は日本サロンコンサート協会・サロンオーケストラジャパンのマネジメント会社となります。

申し込みについて
文化庁子「文化芸術による子ども育成総合事業・芸術家の派遣事業」の紹介ページ
この事業では、学校に管轄の教育委員会からの「公文」による募集・応募の通達があります。様々な事業がありますので、混同しない様、ご確認をお願い致します。
「公文」に申請書類の提出先と提出期限が書いてありますので、お知らせ下さい。
また一部では公文が下りてきていない場合や管轄教育委員会(市町村)が「募集」を把握していない場合がありました。その場合は文化庁から事業を委託されている「近畿日本ツーリスト」に確認が必要な場合もありますので、ご一報ください。

お悩み解決 ! 音楽指導・部活指導のオンラインサポートサービス特典開始
「音楽専科の先生がいないのでどうやって指導して良いかわからない」
「部活の指導に経験者がいない」
そんな悩みを少しでも解決するためのサービスがスタートします
(Facebookを活用します)